広島県福山市神辺町字下御領682-1
TEL:(084) 966-0066
FAX:(084) 965-0532
e-mail:info@kamegawa-hospital.jp

 
 
  熱中症について

熱中症とは長時間、高温多湿な環境にさらされることによって発生する
全身性の温熱障害の総称です。
屋外で活動しているときだけでなく、就寝中など屋内でも発症することもあります。
熱中症は一般的に、日射病・熱射病と呼ばれています。
生命の危険も・・・

体温を正常に保とうとする機能が低下して、体温調節ができなくなり高熱が持続し、
体内臓器に異常をきたすため、そのまま死に至る事もあります。
熱中症の予防
こまめに水分・塩分補給 汗と一緒に塩分が失われるので、スポーツドリンクなどが
おすすめです。
服装に注意 通気性の良い服を着て、帽子をかぶる。
体調を整える 体調の悪いときは、暑い日中の外出などを控える。
年齢を考慮する 高齢者や子供は熱中症になりやすい。
熱中症の応急処置は??

熱中症に対する応急処置の基本は3つです。日常生活では、
長時間の高温多湿環境にさらされないようにし水分と塩分の
補給を忘れないようにしましょう。
熱中症の手当の基本
休息
(rest)
風通しの良い日陰、クーラーのある部屋などの涼しい場所で休ませましょう。
体を冷却しやすいように、衣服をゆるめ、安静にします。

冷却
(ice)
冷たい水でぬらしたタオルを手足に当てましょう。
氷やアイスノンなどで冷やす場合は、太い血管のある脇の下、
首、足のつけねを冷やしましょう。



うちわや服などで風を送って冷やしましょう。
水分補給
(water)
意識がはっきりとしていれば、スポーツドリンクや、
食塩水(水500ml+塩約5g)などで水分補給を行います。


意識障害 吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要なので、
救急車を呼び医療施設へ搬送しましょう。