広島県福山市神辺町字下御領682-1
TEL:(084) 966-0066
FAX:(084) 965-0532
e-mail:info@kamegawa-hospital.jp

 
  部署紹介
  事務・受付 外来 リハビリ 3階一般病棟 2階回復期リハビリ病棟  レントゲン室・検査室 

栄養部  薬剤部  医療連携室  デイケア デイサービス 亀川保育所 
     
  事務・受付
私たちは、チーム医療の一員として、患者様のプライバシーとなる個人情報を守り
業務を行っています。
主に医療事務として外来業務と入退院業務、各種保険への請求業務を行っています。

そのほかに人事、経理、診療録等の管理保存、施設管理を行っています。

患者様とコミニュケーションをとりながら、チームワークと笑顔で取り組み、
身構え、気構え、心構えを大切にいたわりの気持ちを持った応対を致します。
患者様に安心感を持って頂けるよう業務に励みます。

医療費のことでわからないことや、ご相談になりたいことがございましたら、
社会福祉士か事務員までお気軽にお申し出下さい。
    
  外来
 

受診されて、わからない事がありまりましたら、何でも気軽におたずね下さい。
救急患者様には、できるだけ迅速な対応を心がけております。
患者様が早く回復されます様に、外来診療スタッフでお手伝いさせて頂きます。

     
  リハビリ
当院は、「住み慣れた街でもう一度かがやいてみませんか?」をテーマに急性期からリハビリを開始しています。
リハビリが本格化する回復期も、より在宅に密着できるようにスタッフ一同「生活をする」という視点で日々患者様と接しています。
また、退院後も外来リハビリ・通所リハビリを利用して頂き、いつまでも住み慣れた街でよりよく生活できるように精一杯サポートしていきます。
さらに、当院リハビリテーション室の特徴として、
足底挿板療法(インソール)用いた保存治療も行っています。
   
  3階一般病棟
3階は急性期病棟です。ベッド数は24床で整形外科・内科・形成外科の患者様が入院されています。
主に整形外科の患者様が多く、手術も多い為手術前には安心して手術が受けられるように十分説明をし、不安の軽減に努めさせていただいています。また手術後は疼痛緩和が図られるよう観察・看護をし、早めの対応を心がけております。
 
     
  2階回復期リハビリ病棟 
2Fは回復期リハビリ病棟です。ベッド数は50床で骨折・脳血管疾患などの、急性期治療を終えられた方などを対象に、ベッドからの起き上がり・立ち上がり、廊下・階段歩行などの基本動作、食事・トイレ・入浴動作などの日常生活の向上を目的とし、家庭・社会復帰を目指すためのリハビリテーションを中心に看護を展開しています。
 
   
     
  レントゲン室・検査室
レントゲン室より
X線(放射線の一種)を使う検査ですので、放射線障害を心配される患者様も
いらっしゃることでしょう。
検査のために使われるX線は、障害の起こる恐れがあるよな量に比べると桁違いに少なく、
まず心配する必要はありません。
そして必要最小被爆量で済むように、また撮り直しをする事がないよう、
いつも心がけて撮影していますのでご安心ください。


検査室より
患者様の血液データを早く正確に提供させて頂く為、各部署との連携をはかるとともに、
検査機器の精度管理に心がけております。
     
  栄養部
 亀川病院栄養部では、患者様1人1人の状態、嗜好に応じた食事提供を心掛けています。
その為に、入院時及び週1回の病室訪問を行い、患者様の病状や食欲の把握に
努めています。
食事をおいしく楽しんで食べていただく為に、選択メニュー・バイキングなども
取り入れています。
また、行事食にも力を入れ、季節感、色感を大切にし、盛り付け方も工夫しています。
皆様に喜んでいただける食事を目指して、スタッフ一丸となり日々がんばっています。
     
薬剤部
私たち薬局は、入院中の患者様の薬の調剤、管理、服薬指導を行っています。
服薬指導においては、患者様とのコミュニケーションを大切に、わかりやすいお薬の説明を心掛けております。
  地域連携室
 医療ソーシャルワーカーとは社会生活上の相談に対応する専門の職種です。
病気や障害によって生じる生活上の不都合について皆様のお手伝いをしています。
情報を提供したり、何をしたらいいか等をみなさまが決めていくお手伝いをします。
相談室には専門職のソーシャルワーカーがいます。
皆様の「こうしたい」を大切にしながらお手伝いをします。 
     
  デイケア
  詳細をご覧いただけます 
     
デイサービス
詳細をご覧いただけます 
  亀川保育所
  詳細をご覧いただけます